福島原発事故被災犬そっくす

東日本大震災から2ヶ月後、福島第一原発から30km圏内で保護されたそっくす。里親としてではなく、あくまで飼い主さんが見つかるまでの預かりとして遠く離れた街、横浜にやってきました。写真は保護当時のワイルドなそっくす。

News & Information

  • 道の駅なみえで第2回写真展開催
    2024年3月30日、31日、福島被災犬そっくすの第2回写真展を開催します。 みなさんにも災害時の人とペットのあり方をもう一度考えて欲しい。 そんな思いで始めた活動です。 災害を、そしてその後の犬生を生き抜いた そっくす […]
  • 初のそっくす写真展、大盛況
    道の駅なみえにて、4月29・30日に開催されたそっくす写真展に 沢山のご来場ありがとうございました。 やさしいお言葉やご支援ありがとうございました。 これが災害時のペット避難について考えるきっかけになればと思っています。 […]
  • 道の駅なみえで初の写真展開催
    2023年4月29・30日の2日間、福島原発事故被災犬そっくすの写真展を道の駅なみえで、初の写真展を開催します。 福島第一原発から30km圏内で保護された声なき「被災者」となったそっくす。 壮絶な環境を生き抜いて故郷から […]

そっくすのいんすたぐらむ